<< 本の紹介 | main | 合従案 >>

スポンサーサイト

  • 2007.07.26 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


人材育成について

7Sのほうごちゃごちゃしてきました。
文章で書くと要点纏まりにくそうだし。
また、俺のほうの考えのどこが欠けているかはっきりしないのが気持ち悪い。
そこで思っている関連性を適当に繋げてみました。
テーマは「人材育成」周辺をば。
--------------------------------------------------------------
これは(原因)→(結果)のようなものです。
変わった事といえば、下から読むってことでしょうか。
思いつきでやったので「品質の程度は低いだろう」と思って見てください。
7-1 人材関連の頭の中もやもや図
※とりあえず図の下のほう中心。
 上のほうはコミュニケーション不足ってところの指摘。
 あと、使う言葉が稚拙とかのツッコミはなしでお願いします。


まぁざっくりと。
「具体的な対処方法」というよりも、(俺の意識での)問題関係図ってところ。

たまに「ギルド使える人間がいない」と言われることがある。
結論から言えば、最初から使える人間なんかいない。
即戦力で使えるものなんか、キャラスペックくらい。
そしてただ待っているだけでは人材として育たない。

では今の各ギルマスをはじめとしたヤツラはどのように育ったのか?
単純に場数踏んだから。それ以上の理由はわからない。
現在それぞれの体制はGvG開始当初と比べ格段に進歩していると思う。
そう感じないのは、互いに成長しているため相対的地位の変化に乏しいだけだろう。

GvGも成熟した現状で、新たに経験させるというのは難儀な話かもしれない。
しかし「いつまでもあると思うな親と金」ではないが、
ベテランがいつまでもいるとは限らない。
ここからは人材をいかに吸着し、育成するかがミソの時期になるのではなかろうか?
まずは現状の運営するやつの意識を変えるべきだ。

もちろん、赤子同然のまま投げ込む丸投げ方針は危険を伴う。
状況判断に遅れをとり、致命傷で潰れるケースが出るかもしれない。
そこでなるべく準備は徹底するべきだろう。

まず形式知(文面で伝えられる知識)はなるべく潰しておくべきだ。
各ギルド(もしくは同盟)でWikiだか掲示板くらいあるだろう。
そこで注意点やらのノウハウをまとめておく方がいい。
(反省で出ても忘れたら意味がない)
未経験の人の先立つ根拠となり、他の注意点も発見しやすくなる。
ただ記載する人間に根気が必要で教師向きかもしれない(俺はしたくない)。

次になんといっても実戦経験が必要だ。
もちろん不確実性の連続であるから、経験者のサポートはほしいところ。
ただ上記条件をクリアしていても、まだ阻害する条件が残っている。
それは失敗に否定的なギルドの風土と、他力本願な考え方だろうと思う。
とりあえずなんかさせてみるのもいいかもね。(具体的じゃないけど)



まぁ今回もパッとしないし、画期的な便利な薬ってもんじゃないっすね。
他人の話聞いている分には「付け焼刃的」なやり方に限界が近いように思う。
俺も付け焼刃でやってきた人間だから人のことは言えた立場じゃないけど、
切れ味良くても地金がスカスカだと脆いのが常。
ギルドの色はギルドで決める・・・でも、言うは易し行うは難し。

スポンサーサイト

  • 2007.07.26 Thursday
  • -
  • 19:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

相手の女がテクニシャンすぎて即イキしちゃったわwwww
でも一回は一回だからな! キッチリ諭吉いただきましたwww
てか女も「かわいい」って笑ってたし、別に俺は悪くないよなー?
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM